HEAVY MY LIFE

布目清香の日記

一口の水

チャンスは逃すことなく有効に掴みとりましょう!
行ってきちゃった♪



雪降りすぎ~♪



滑ってもすべってもパウダーすぎて。
うーもーれーるー!笑



トシちゃんが常に気にかけてくれて。


導いてくれる。


去年は、直線番長だったRIOも、だいぶジグザグと滑れる様になりました♪
トシちゃん。ありがとう!




怪我人さんは。
キッズ小屋で井戸端。
他人とすぐ仲良くなれるのは、彼のスゴイところ!




この小屋での出来事。
私くし達が休んでいると、スキー教室に訪れていた、アメリカンスクールの生徒さん達も、寒さをしのぎに
小屋の中へ。

1人の女の子が、喉が渇いたと言い出し。
次々に他の子も、スキースクールの先生に訴える。
生徒は勿論手ぶら。

スキースクールの先生は、小学校の先生ではないので、水以外を飲ませる訳にもいかない感じの様子。
だからと言って、無料の飲料水も、そこにはない。
5分位、そのやり取りが目の前で会話されてる。


「コレ。飲ませてあげて下さい。」
と、TAKUが見兼ねて販売機で水を1本買って差し出した。
先生は、戸惑う。
が、生徒達はあまりの喉の渇きように、1本の水を次々に回し飲み。


私くしの頭の中は、この5分余りの時間、色々な事を考える。

生徒の気持ちもわかる。

スキーの先生の気持ちも。

勝手に飲ませて後で何かあったら。と、先生は考えていたはず。

確かに、回し飲みをよく思わない親も多い。
だからと言って、全ての生徒に買うのもどうなのか。
などなど。


だいたい普通の人は他人の話なら、目の前にある話でも手も足も出さない。
けど。

それができるのが、TAKUなのだ。
いちいち計算しないし考えない。
直感で常に生きてる。

だから痛い目にあう事も、家族も心配が絶えない。
でも。
たった一口の水で、皆んな笑顔になり、ありがとうございましたと。

トシちゃんは、誰よりも、私くしなんかよりも昔から
TAKUを知っている。
その光景をみて、「アレが出来るのがTAKUちゃんだよね。」と。
確かにその通りなのかも。

上手く言えないけれど、私くしでは一歩出ない事を
彼は前に出る事が出来る。
だから。
いつまでも一緒にいるんだなぁと。


まぁ。
その他では常に何百歩も、私くしは前に出ちゃってますけども~♪笑

しっかし。
雪降り過ぎ!



積もり過ぎ!笑



トシちゃん!
次は泊まりで伺いますので、よろしくお願いします。


山では、トシちゃんが居てくれるから、周りの方もとても優しく接してくれる。

海では、TAKUの存在があるから、良い波に乗れる。

大変な事は多いけれど、良い事も沢山ある!
それは、私の側にいる全ての人達のおかげです!
人って誰かに必要とされてるからこそ生きれるのだと思う。

感謝されるように。

感謝できるように。
日々を過ごして…

そー、なかなか綺麗には行きませんけどね!笑

とにかく、やってもやっても仕事が次々とやってくるという…。涙

男が狩りをして。
女が料理をする。
まさに、こんな感じでやっとります!
っていうと、幸せ夫婦っぽいね!笑

昔から変わらず。
あーじゃない。こーじゃない。
あっちコッチぶつかりながら過ごしていま~す。笑
  1. 2016/02/20(土) 23:09:51|
  2. 未分類

プロフィール

sayaka nunome

Author:sayaka nunome
千葉飯岡在住。
毎日、リビングから波チェック!究極の条件での波乗り!
最高の家族と共に、毎日をHEAVYに過ごしている。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる